テーマ:厦門、中国観光

第14回厦門国際石材展覧会

第14回厦門国際石材展覧会が会展中心で開かれていますので行ってみました。厦門の近郊は岩山が多くあり泉州付近まで石材は大きな産業です。会展中心というのはずいぶん大きい展示場ですが会場いっぱいにブースが並んでいました。石材は日本へ墓石として輸出されると聞いていましたが日本用墓石のブースは一つしかありません。上の写真は石を厚さ1㎝ほどに切って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャン州長距離バスターミナル 白バスもあります

一応漳州長距離バスターミナルです。これもなかなか紹介するWebもないと思いますので。見た目通りの内部も汚いターミナルでトイレも直列式衝立無です。これが中国の大都市以外の標準と理解しました。この直列トイレはいつ水が流れるのやらで私が入った時は濛々とした人糞が鎮座していました。だんだんまあいいかという気分になってきます。出発は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャン州とは

漳州観光。街自体は面白いところではありませんが、この街を紹介する日本人のWebというのもそう多いものではないと思いますので紹介しす。漳州とは厦門から西内陸方面へ高速バス1時間半の地点に位置する人口480万人を有する福建省内の中都市です。沿岸には火山地質公園、内陸には土楼で有名な永定があります。市中心部の周りに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京ミン盛之郷温泉 厦門近郊の温泉

先週同僚の2人のI氏と京閩盛之郷温泉に行きました。露天風呂温泉ランドで写真のように屋外に打たせ湯、寝湯、源泉風呂多数の湯船があります。石板湯という石を温めその上に寝っころがるというものもあり、石で硬いですが思わず寝てしまう気持ちのよいものです。洞窟風呂、サウナもあり非常に清潔な施設です。 プールもあります。結構田舎に来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの胡里砲台付近海岸散策

胡里砲台近くの海岸へ陽気に誘われ久しぶりに散策と海辺のランチに行きました。今日は19度で海沿いは暖かで、月の砂漠ではないですが駱駝とミッキーがいます。 ここはほぼ1年ぶりでしたが、久しぶりに見たら砂浜が結構きれいだと感じました。海岸の砂は三浦海岸のような黒ではなく黄土色でいい感じです。 胡里砲台の袂から北西を眺めると中心街の高層ビル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門駅前の小風景

さすが厦門駅前は少々少々こぎれいです。Ibisホテルがあります。パリのIbisホテルでこんなXXなフランス料理があるのかという食事をした覚えのあるホテルです。が中国で見るとホッとします。2枚目の写真は自転車屋さんです。ビシッと決めたサイクリストがお店に入っていきます。健康志向かただのおしゃれなのかたまにこのようにビシッと決めて渋滞の車の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙人の気持ちが少しわかる公園

土曜日の厦門観光の続きです。ここは厦門駅の横の金榜公園です。ここは陳なにがしという方が隠居していた立派な石の洞窟があります。2枚目の写真ですが見事に大岩がバランスを保っています。そこに行きつくまでも厦門特有な一枚岩の細い隙間を登ります。一枚目の写真が陳氏の石像ですが、こんなところで瞑想にふけったら何かいい知恵も浮かびそうであると思いまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄路文化公園 非常にきれいな公園でした

厦門観光。以前に同僚に聞いていた鉄道の廃線を利用した鉄路文化公園に行きました。厦門駅操車場から南下して海沿いまでの歩行公園になっています。線路は上の写真のように枕木、レールをうまく残している部分もありなかなか厦門人もセンスがあるなと思わせます。写真のように基本的には一本道ですがなかなか周りの緑、花がきれいに整えられていてまた線路も残り歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門駅操車場 鉄道ファンの方に

今日は厦門観光です。厦門駅から南下した所に廃線を利用した公園があると聞いていたので地図を頼りに行ってみたところまず厦門駅の操車場を見つけ、堂々たる中国の機関車を見ることが出来ました。操車場の横は歩道になっていて市民の良い散歩道です。このような車両はかなり寿命が長いようなので、全く中華人民共和国的なデザインの機関車だと思います。もしかした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中山公園における婚活

土曜日の厦門観光の続き, 中山公園です。孫中山先生も中国ではヒーローです。この人は何度か来日しており、中国各地の繁華街に中山路という名称がつかわれていますがこの孫中山先生に由来します。厦門の中山路、ここ中山公園も孫中山先生に由来し立派な銅像があり、また非常に緑濃い公園で木陰は涼しく緑の効果を実感できます。その中で七夕の短冊のような細長い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中山路の裏道観光 最後は混沌

中山路の裏道付近を観光しました。この付近は古い建物がぽちぽち残っており2枚目の写真の建物は1906年建築との説明がありました。このような建物は19世紀後半から20世紀前半の建物のようです。教会もあります。中国で初めて教会に入りましたが、礼拝堂はやはり清潔、静穏です。奉仕活動が活発なようで各小部屋で様々な活動をやっていました。またこの教会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロンス島夜景

コロンス島夜景を撮影してみました。厦門は夜は心地よい風が吹きます。空気もきれいです。匂いはちょっとあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銃眼の中の仏様

厦門はかっては台湾に対する最前線だったので様々なところにBunkerがあります。今日もその一つを見ることが出来ましたが銃眼の中に仏様が安置されていました。なかなかの心配りです。この海辺で今日はホテル主催の中国バーベキューを楽しみました。お天気は残念ながらの小雨でしたがホテルにいる色々な人とお話しすることが出来ました。チェコスロバキアから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門革命烈士記念及陵園

こういうものもあります。中国国内で行われた共産党と国民党の内戦での犠牲者を悼む記念碑です。  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%85%B1%E5%86%85%E6%88%A6  他の都市にも同じようなものがあり、節目節目に学生さんが花を手向けているようです。国内での戦いというのは悲しいも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門華僑博物館

厦門の華僑博物館に行きました。こじんまりはしていますが華僑にかかわる歴史展示、個人が保有していた美術品コレクションの展示があります。一番上の孔雀は錫の彫り物です。これは特別展の展示で、それ以降は常設展示です。一番下の写真は漢時代(紀元前200年)のいわゆるボーガンの弓の固定部品です。なかなかかちりとした作りで兵器のすごみがあります。20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

云頂岩寺/人民解放軍レーダーサイト

久しぶりに厦門内のウオーキングで云頂岩寺に行きました。苦労して上がった割に、お釈迦様には申し訳ないですが、かなりこじんまりしたところでした。この云頂岩寺は人民解放軍レーダーサイトの近くで下らから見えた大きな建物は兵員の宿舎でした。一番下から2枚目の写真にダム湖が見えますがその左手が散策路になっていて、そこはよく整備されていてよかったです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

造水村 素晴らしい田舎

バスで造水村に行きました。さすがにここまで来るとさらに水がきれいで、飲みはしませんが手は洗えます。そしてこの清水は非常に冷たいのが意外でした。周りには段々畑もあるし、牛が放されていました。カリフォルニアのヨセミテ公園にあるような岩山もあります。ここはまた農薬漬けの野菜、家畜とは別世界だと思います。非常に自然な感じです。今日は東京からの出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門今昔

図書館で昔の厦門の簡単な地図を見つけたので紹介します。1枚目の地図は20世紀初頭のものです。ご覧になって分かるように昔の厦門は逆C型の島で、内側をどんどん埋立て現代の形になったようです。我ホテルも埋めたてた場所にあるようです。恐らく厦門市内にある大きな湖、松柏公園にある池は海水であると推測できます。上の写真はコロンス島にそびえる鄭成功の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回厦門小中学生演芸会

今日図書館に行ったところ、図書館前の大きな広場で第4回厦門小中学生演芸会が行われていました。小中学生の様々な演技で、ノスタルジックなかなり中国風な歌、完全アメリカ風なチアリーディング、かなりロックなドラム演奏、民族舞踊、ちょっとしたマスゲームと様々です。私の娘がかって新体操を習っていて半年に一度発表会がありどのくらい練習すればどのくらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013厦門元宵灯会

ホテル職員の方と一緒に2013厦門元宵灯会というものを見てきました。場所は厦門島を出たすぐの所です。園内に写真のような竿灯が展示されています。テレビニュースを見ると各地で同じような催しを行っているようで,新年の恒例行事のようです。青森のねぶた祭りを思い出しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五峰村徳安古堡

今日は中国に首までつかっているI氏と同安市の北の五峰村徳安古堡という史跡に行きました。バスを乗り継いで片道1時間半ぐらいの行程です。さすがにここまで来ると緑が多くなりご覧のとおり水もきれいですし、山も見事です。清朝時代と言っても長いですが清朝乾隆時代(1700年代中ごろ)の城塞跡です。こじんまりした城塞で前線の見張所程度のものだと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日谷月温泉

今日は日谷月温泉に行きました。行くまではちょっと不安でしたが、行ってみたら近代的な温泉ランドでした。受付で電子タグがついた腕輪を渡され、施設内の清算はすべてこの電子タグで行います。ロッカーも電子タグであけます。先日日本で行った宮前平の温泉ランドと同じシステムです。タオルはタダですがバスローブは10元です。フィッシュスパは30元です。施設…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2月10日厦門の春慶節

2月10日は旧暦のお正月、春慶節です。街のお店はほとんどがお休みです。店の前には門松ではなく、赤い雪洞と垂れ幕がかかっています。これが中国スタイルのようです。2月9日の夜は除夕で北京などでは盛大に爆竹を鳴らしているようですが、ここ厦門では夜2回ぐらい鳴っただけで静かなものでした。テレビでは日本が凧揚げに注意してくださいという広告が流され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門大学

厦門大学を見学しました。キャンパスは厦門のどこよりも清潔で感動しました。建物もそれぞれ個性のある立派な建物でまた緑、池もうまく配置されバランスのとれたキャンパスです。欧米のキャンパスと日本のキャンパスを比べた時、緑の多さ、建物の個性等で欧米の歴史には勝てないと思っていましたが、中国の厦門大学のキャンパスも外観上は日本のキャンパスを凌駕し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロンス島 風景

2013年2月9日2回目のコロンス島の風景です。 2013年2月24日3回目コロンス島参りをしました。3時半波止場につき5時半に戻りましたが、この時間になると結構空いてくるということが分かりました。夏などはこのパターンで行くと海風も涼しいしよいかもしれません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新按付近の風景

今日バスを乗り換えた新按付近の風景です。工業地帯の真ん中らしくKodakをはじめ多数の工場が道の両側にあり、道自体は5車線ぐらいです。新按はバス乗換の要所らしくバス停にずいぶん人がいました。その周りにいろいろなお店がありました。やる気のない布団やサン、どっさりトラックにレンコンを積んだ野菜やサン、これでもかと具材包みあげた屋台。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天竺山公園 市内からバスで1時間強

今日はバスを乗り継いで厦門島の外の天竺山公園に行きました。バスは1元なので往復でも4元で片道1時間ちょっとかかりました。緑が深く、竹林がよかったです。湖があるのですが水が少なくそれはいまいちでした。一番上の写真の岩はなかなか見ごたえがあります、人によっては登りたくなるはずです。鳥のさえずりを聞き少し自然の中でゆったり出来ました。厦門は人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

狐尾山公園 厦門の三峰目かな

狐尾山公園に行きました。きれいな公園で丘の頂上には気象観測所および博物館があります。途中サイクリストも見かけました。見晴らしがよくなかったのであまり面白くはなかったです。厦門の三峰目です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門博物館

厦門博物館にある展示品です。建物はずいぶん大きい建物で、特別展示などもかなり大がかりなものができるようになっているようです。伊万里焼展の大きな広告が掲げられており、開催が予定されているようです。厦門周辺で発見された収集物を主に展示しているようで、宋、唐時代という説明が多く見られました。なかなかこうみるとシックな落ち着いた焼き物だなと思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同安の古い家

同安で見かけた古い家です。これらがいったい何年ぐらい前の家かよくわかりませんが、厦門の中心にはこのような家はありません。なかなか古き良き中国という感じです。最後の写真もほのぼのしていると思います。本来中国の方は物を大事にするのかと思います。自転車などずいぶん古いものに乗っている方がいます。煉瓦つくり、ブロックつくりの家が多いので結構長持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more