テーマ:航空関連

厦門空港Terminal 4誕生

厦門空港Terminal4が完成しました。想像通り屋根がここ福建南部の古典建築のデザインを取り入れた形で、すっと伸びる部分が青空に映えます。 出発ロビーです。厦門の熱い日光が差し込み白で統一さた広々としたロビーです。このTerminal4は厦門航空、南方航空、河北航空、国際線以外の航空会社の出発到着便に使用されます。我ホテルのシャトル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門空港 New 撮影スポット

Runway05のApproach Light真下からの撮影です。やはり真上直近を飛ぶ航空機は迫力があります。A320のCenter Wing下面は737と大いに違う形状であることが分かりました。今回開発した厦門空港裏手の家具屋さんの2階から撮影した05Runwayへの着陸機です。なかなか着陸機を横から撮影するのは難かしいです。同様に家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

XIAMENAIR Boeing 787-8

厦門高崎空港 厦門航空 Boeing 787-8 B-2769 初めての厦門航空787です。今回は05Runway Endを見渡すことが出来る空港裏手の家具屋さんの2階からの撮影です。ここからは初めての撮影でWebに掲載されるのも世界で初めてだと思います。なかなか良いSpotです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜から厦門へ JL081便

横浜方面から厦門へ向かうには日本航空 JL081便で羽田空港から上海虹橋空港へそこから中国国内線で厦門へ向かうのが便利です。(中国国内線はC Tripで日本からも予約可能です。)何と言っても羽田空港へが近く、JL081便はBoeing777で運航されていますの(本ブログ記載時)で客室が大きくゆったり気分です。 そしてもう一つの利点はプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春秋航空 厦門-上海の意外

中国国内線で春秋航空 Spring Airline 厦門‐上海、9C8894に乗りました。予約は日本語サイトから可能で特典クラスの一番安い航空券を購入しました。このクラスはどうも出発時刻の90分前にCheck Inしなければならないようで前日から携帯に90分前のCheck Inを要求するMailが3通ほど届きました。出発時刻100分ほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

航空機事故に関する論説 河南航空 VD8387便

この人、河南航空の元機長さん斉全軍さんです。2010年8月24日河南航空 VD8387便 哈爾浜発伊春行きの機長として乗務して着陸に失敗、44人死亡、52人負傷、30891万元の損害が発生した航空機事故の責任を問う恐らく刑事裁判が結審し3年の刑期が決定したということです。罪状は会社の定めるMinimum Decision Hightにお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門空港Terminal 4 完成は12月28日

12月12日、厦門空港Terminal 4随分出来てきました。正式運用は12月28日になります。 厦門日報12月8日によれば1984年の厦門空港の年間利用者数は6万人それがあれよあれよというまに2004年500万人、2009年1000万人、2014年は2000万人を突破しているそうです。国内では10番目、世界では85番目の利用者です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Cargolux 747-8F GEnx-2B

Cargolux Flight CV6485 LX-VCJ Boeing 747-8F GEnx-2Bx4 is aproaching XMN 05 runway on 13 Dec 2014. 12:46 Xiamen Airline Boeing 787-8 GEnx-1Bx2
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マカオ航空 NX132便

マカオからの帰りはマカオ航空のNX132便に搭乗しました。これが当たり前のように2時間のDelayで、マカオ航空にとって当然マカオはハブなのでどうしたものかと思いますが、フリートサイズが小さいので融通が利かないということかと思います。これと言った特徴は機内にも乗務員にもありませんでしたが、中国本土の航空会社であれば夕刻であればご飯付の本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珠海金湾空港

珠海金湾空港。珠海が位置する珠江デルタにはこの珠海金湾空港、マカオ空港、広州空港、深セン空港、香港空港の5つの空港が100Km四方の地域に位置している。深セン空港、広州空港、香港空港は言わずと知れた大国際空港で3800m級の滑走路2本を擁しているが、珠海空港は珠海の市中心部から車で1時間ほどの滑走路1本を擁する中規模空港である。Traf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Air Show China 2014総括?

Air Show China 2014。このShowは西側で開かれるAir Showのように各メーカーがシャレ‐を用意し商談を大々的に繰り広げるものと少々違いAVIC 中国航空工业集团公司の独壇場と言ったShowでした。展示される航空機では小型機は西側の機種が多かったですが中型機は皆無、大型機はA380のみで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Russian Knights SU-27

Air Show China 2014にて。Russian Knights SU-27です。これもあまり受けそうにありませんが、SU-27の飛行を見れるのもこの珠海が日本からは一番近いかもしれません。よく見ると機体表面は薄汚れており西側のアクロバットチームの機体とは趣が違いますがこれがロシアなのでしょう。着陸時にDrug Shootを使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Flight Status Air Show China 2014

Air Show China 2014でのデモ飛行です。この航空ネタはいまいち受けが悪いのですが続けていきます。お分かりの人はお分かりだと思いますが、1,2枚目は中国八一飛行表演隊、2,3枚目はロシアのRussian Knightsです。 ここ珠海はこの季節はほとんどの日が曇り日ということで当日もご覧のように曇りで写真撮影には厳しい条…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国空軍 女性パイロット

これも中国での女性の社会進出を示す1コマです。Air Show China 2014にて,中国空軍八一飛行表演隊には4名の女性パイロットがいます。上の写真は10番機および12番機に乗務する余さんと、陶さんです。 こちらはRussian Knightsの前で記念撮影する盛さんです。この八一飛行表演隊は超音速戦闘機を使うアクロバットチーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武警とC-17パイロット

USAF C-17、 Air Show China 2014にて。Air Show China 2014にて唯一の西側軍用機としてアメリカ空軍のC-17が展示されていました。中国武装警察兵士とアメリカ空軍女性パイロットの記念撮影風景です。中国側は少々緊張、アメリカ側はアメリカ人らしくリラックス。 確かに中国にいて中国人と付き合っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SU-35 ロシア軍用機を見るには珠海がよし

SU-35, Air Show China 2014にて。Canopy、Engine InletにCoverが掛かっていてあまりいい写真ではありませんが妙に機首が下がっている形状がまさに怪鳥です。どこかのブログにありましたがてっとり早くロシア機を見るにはこのAir Show Chinaはいいのかもしれません。この珠海、信頼の翼JALで香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Y-9 輸送機 中国は旧ソ連機のコピーさらに改修

Y-9 Air Show China 2014にて。中国は航空機に関しては旧ソ連の機体をまずそのまま生産しその後独自の改修を施し全く別の機体を作り上げてしまうということを得意としています。Mig-21という有名な戦闘機がありますがそれを双発のJ-8Eというあまり使えそうにない機体に改修し、さらにJ-8IIという全く違う機体を作り上げてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARJ21-700 Air Show China 2014にて

ARJ21-700 Air Show China 2014にて。上海飛機製造有限公司のARJ21-700です。この会社は元々は上海航空工業公司と呼ばれ1979年からDC-9のLanding Gear Bayの受託製造を始め、その後35機のMD-82、さらに2機のMD-90を完成させています。よってMD-82,90の製造治具をそのまま維持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JH-7A、H-6, JF-17 Air Show China 2014にて

Air Show China 2014での中国製軍用機。まずはJH-7A Flying Leopard 戦闘爆撃機。長らく旧ソ連機のコピーを行ってきた中国が突如こんな機体の製造に成功したのはどのような背景があったのかと思います。EngineはWS-9というRolls Royce Mk202を中国で1980年からライセンス生産したものを使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 J-10 戦闘機 細部

Air Show China 2014 中国空軍 J-10の細部です。各部の注意書きが全て中国語と言うのは驚きです。この2つの写真は目いっぱい詳細が見れます。一人乗りと二人乗りがあります。機首下の空気取り入れ口は大迎え角の際もスムースに空気を取り込むことが出来るそうです。空気取り入れ口の上の角にも小さな空気取り入れ口がありそこにL字のカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J-10 八一飛行表演隊 整備士とPilotの様子

Air Show China 2014でのJ-10 中国空軍八一アクロバットチームの機体Spot In時の整備士とPilotの地上での様子です。 11番機Spot Inです。普通に整備士は駆け寄ります。この辺はThunder Birds Teamとは違い整備士の動きまでには気が配られていません。 Canopyがオープンされ、Rudd…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J-10 中国空軍 八一飛行表演隊

珠海観光。Air Show China 2014に行きました。しばらくAir Showネタが続くと思いますがまずは中国空軍八一アクロバットチームのJ-10戦闘機です。さすがイスラエルの設計した機体をベースにしていと言われているのでなかなかモダンな戦闘機です。地上から見ると機首がツンと上を向いているようで決まっています。横も前も意外と美し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マカオ国際空港

マカオ国際空港。ここの特徴は何と言ってもRunwayに続く海上の桟橋のようなTaxi wayです。空港一帯は埋め立て地でRunwayも埋め立て地でRampとRunwayは2本の埋め立て型Taxi Wayで繋がっています。なるほと”It's on the sea."です。南側の方が長く今回はDeparture機が南側を使用しましたが結構長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国における小型機の明るい未来

厦門上空では東京で見かけるような軽飛行機、ヘリコプターを見ることはほとんどありません。China Dairy 2014年11月4日記事を見ると現在は1000m以下の飛行は軍の許可が必要でこれが上に述べた状況の理由ですが、2015年にはこの制限が解禁されます。このビックバンに伴い約200社が軽飛行機を使用した事業の申請を行っています。20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門空港 Night Stay 機

2014年8月15日0700 厦門空港に駐機する機体です。厦門空港はいわゆる地方空港ですが随分とNight Stay機が多いものだと感心しました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

厦門航空 整備士さん

出発便を見送る厦門航空の整備士さんです。Ramp Out時にこのように手を振ってお辞儀をします。なかなか丁寧です。ふと気づいたのがかれら整備士さん皆さん大きな黒い肩掛けバックを持っています。恐らくマニュアルを見るPCか何かが入っているのかと思います。もう一つ気が付いたのが日本では機体に整備士さんは車で赴くので、必ず車が近くに駐車されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門航空 787

厦門航空787が厦門に到着しました。厦門航空は787を運航する中国で3番目の航空会社となりました。787の導入に合わせて客室乗務員の制服も変更されました。厦門ー北京、福州ー北京を運航しその後国際線に路線展開し計6機の導入予定。記事をよく読むとなんとGEnxのようでWelcome GEnx worldです。787導入により757はおそらく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国航空航天博物館 いいね!

北京観光。北京航空航天博物館に行きました。ここは北京航空航天大学の施設で以前は露天の展示でしたが現在は立派な建物に戦闘機を中心に展示がされています。露天時代に機体が傷んだのか塗装の厚い展示機が多いのですがソ連製の機体を見るのにはうってつけの博物館です。また貴重なRD-20というJet Engineも展示されています。正式には大学関係者以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more