テーマ:中国人

実は無人のマンション

厦門島の沿岸部を中心に厦門には多数の高層、高級マンションが建っている。中国人もこんな所に住むのかと思っていたところ確かに住む人はいるが殆どの部屋は実際には住居者がいないという。確かに夜見ると明かりのついている部屋は1割程のように感じる。どうしているかというと、このような高級マンマンションは大金持ちの投資対象になっているらしく買うだけ買っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年の襟巻

新年である。厦門では新年にはこの赤い襟巻をまくのが習わしのようである。結構分厚い生地で巻き方もこの方法で統一されている。厦門航空でも見た覚えがある。なぜ襟巻なのか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道を尋ねる中国人

中国人というのは道を尋ねることに気兼ねが無い。写真のような若い女の子も平気でどんどん道端のおじさんに何所何所へはどう行くんだと元気に尋ねる。それも50mおきに尋ねる。携帯で地図を見ることは可能なのだが。そのため日本人の私でも中国人に道を聞かれる。ヨーロッパ人もそういう傾向があるらしいので控えめな日本人が異質なのかもしれない。尋ねる、質問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我社の女子は昼間は外食

我社の女子は全く優雅である。お昼は会社の食堂はあまりおいしくないと言って、自分のフォルクスワーゲン、パサートに4人で乗って外に食事に行くのである。それもまだ20代中ごろの女子たちである。こんなスタイルは日本でもなかなかお目にかかれないのでは、まるで欧米並みである。中国女子思った以上に現代的である。 どこで食べているのかと聞いたと例えば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お茶と一期一会

先日シンガポール人の友人V氏と話したところ彼の中国人に対する印象もあまりいいものではなく仕事では声が大きい人が主導権を握るので妙に高圧的大きな声を出す人がいてまた一緒に食事と言っても何か裏があるだろうと勘繰るのが常ということで非常に付き合いにくいという。私の中国人、厦門人の印象はみな一様に友好的であり素朴な人たちというものである。仕事柄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴミと中国人 下有蘇杭

厦門市民の名誉のために最初に申し添えますがこれらの写真は厦門で撮影したものではありません。古都蘇州での撮影です。蘇州 勧前街の屋台通りでの撮影です。なぜここまでめちゃくちゃにするのかと思います。ごみ箱にごみを入れるのは良いのですが入れ方があると思います。あふれかえるごみをどうにかしろと言う気分です。テーブルの上この状態でどうするつもりな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門に於ける輸入果物

厦門の中国人は果物好きである。会社で3時のおやつに水場でリンゴを食べている女子も多く、ブドウ、スターフルーツ等ををみんなに配ってくれる人もいます。お店には南国特有のカラフルな果物が数多く並び、バナナも厦門近郊で栽培されているのでてっきり果物は全て国内産と思ったところ、アメリカンチェリー、アメリカンプラム等の輸入果物も販売されています。贅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国空軍 女性パイロット

これも中国での女性の社会進出を示す1コマです。Air Show China 2014にて,中国空軍八一飛行表演隊には4名の女性パイロットがいます。上の写真は10番機および12番機に乗務する余さんと、陶さんです。 こちらはRussian Knightsの前で記念撮影する盛さんです。この八一飛行表演隊は超音速戦闘機を使うアクロバットチーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武警とC-17パイロット

USAF C-17、 Air Show China 2014にて。Air Show China 2014にて唯一の西側軍用機としてアメリカ空軍のC-17が展示されていました。中国武装警察兵士とアメリカ空軍女性パイロットの記念撮影風景です。中国側は少々緊張、アメリカ側はアメリカ人らしくリラックス。 確かに中国にいて中国人と付き合っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国は啓蒙の国

中国は啓蒙の国である。一枚目の写真はとある会社のトイレの啓蒙ステッカーで”ほんの少しの心遣いで、トイレは心地よいものになります”なる意味だと思います。2枚目の写真は有名ですがほぼ全てのバス停に掲げられる”文明人は列を作り、礼儀を持って乗車しましょう”なる意味ですが、あまり実践しいる人はいないと思います。上の2枚はレストランでの啓蒙ポスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶葉の選り分け

厦門、厦門周辺の街では店先で茶葉の選別をしている風景をよく見ます。1枚目、2枚目の写真は同安、小坪のお茶農家のおばあさんの手です。写真では表現出来ませんが乾燥し丸まった小さなお茶の葉から茎の部分を取り除いています。ずいぶんのお年の方でしたが手の動きは素早いものでその動きに感心しました。この作業を丁寧に行うことにより良い茶葉のみが残り値段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性労働者

中国では女性が多く社会で活躍していると何回か綴っていますが、それは土建工事の肉体労働についても言えると思います。我ホテルでは現在小規模な工事をしていますがそこにも40代くらいの女性がシャベルでセメントをこねている姿を見かけました。厦門は現在地下鉄、鉄道駅、国際線ターミナル、仙岳路の大規模工事を行っていますが、その工事現場をよ‐く見ると1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリリとした女性駅員

中国は多くの女性が社会で活躍しています。厦門北から深セン北への新幹線では10駅ほどの停車駅がありますがどの駅でも駅員さんがホームにいて大方半分は女性です。なかなか制服をキリリと着こなしある意味共産圏、ある意味出来る女性と言った感じでぶくっと太った男性駅員よりよほど仕事をこなしそうです。 下の写真は社内の車掌さんです。国慶節期間はやはり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港民主化デモ 厦門在住日本人の目

香港観光。香港に気分転換に行ってきました。連日の民主化デモの報道がされ、大丈夫かなと思い会社の香港人に聞いたところ香港人はジェントルだから問題ないと言われ行ってきました。バスは運行経路を変更していましたが地下鉄は通常通り、国境も通常通りでした。バスがえらいのはしっかり”経路変更”とのサインが前面に掲げていました。上の写真は2014年10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門 昼寝

厦門は南国である。したがって昼寝は生活習慣の一つである。市場、売店の店先で女性、男性を問わず簡単なリクライニングチェアーに身を横たえ気ままに昼寝を楽しむ光景をよく目にすることが出来る。あまり人前で寝顔を晒すということにも抵抗を感じないように思われる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オートバイ6人乗り・同安

ここは同安です。これはバイクタクシーですが、実は子供3人(運転手のおじさんの前後に2人と後ろから2番目)、大人3人、計6人乗っています。6人乗りは初めてみました。乗せる方も乗せるほうですが、乗る方も乗る方です。最後尾のお母さんにっこり笑って走り去りました。同安ちょっと厦門と違います。 地図
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普通中国人の語学力

先日中国の少数民族に属する方と話す機会がありました。出身地はベトナム近くの広西省の田舎で、写真の20元紙幣の赤枠で示す文字を使用した中国語とは全く違う言語を話すそうです。小学校で標準中国語を習い始め当然完璧。田舎では仕事が無いので広東省に出てきたので、広東語も話すようになったそうです。実は広東語も標準中国語とは全く違う言葉と言ってよいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門流結婚式

厦門で中国人同僚の結婚式に出席しました。さすが厦門で色々とご当地独特な風習があるようです。 まずは開始時間、招待状には7時に”入席”と記載があるのですが、他の同僚曰く厦門は記載が7時でも実際の開始は8時ということです。実際に6時半から新郎新婦が会場ホテルの入口で招待客をお出迎えしますが、ピークは7時半ぐらいでした。私は6時20分ぐらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泉州 洛陽橋の袂の泥だらけの漁民

泉州観光。ここは洛陽橋、その袂に広がる泥地でカニ、貝などの水産物を採る漁民の方々です。干潮時のみの作業になり泥がかなり粘度があるようで、つらい仕事ですが黙々と作業しています。浦島太郎が持っていたような竹の駕籠を腰につけています。中国ではこんな駕籠がまだ現役のようです。街では竹の天秤がまだ現役です。ここは牡蠣などもよく採れるようで橋の近く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京は朝が早かった

北京観光。北京は朝が早いです。電車、バスが朝4時半から動いているようです。さらに深夜バスもあるようです。たださすがに朝は人も少なく上の2枚の写真は北京北駅近くの地下鉄西真門駅の早朝の様子で人がいない駅構内の写真を写すことが出来ました。一方厦門はバスしかありませんがたいていは始発は6時前後で比較的ゆっくりです。都会と田舎の相違点の一つです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

列を作る中国人

北京観光。八達嶺万里の長城には北京北駅からS2線に乗りました。駅には早めに6時半位についてしまい、電車の発車時刻は08:34です。ゆっくりベンチで待っていようと思ったら20人くらいの集団が7時ぐらいに改札口に並び始めました。そうなると俺も私もとあっという間に写真のような列になってしまい自分も並ばないと座れないかと思い1時間半立って並んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人同僚の夏休み

日本には中国人観光客が多く訪れますが、どうもそのような人は特別なお金持ちでもなく普通の人たちのようです。中国人同僚の夏休み以下の通りです。 1.社内で一目置かれるリーダー、車はフォルクスワーゲンのSUV トゥアレグです。今年はアメリカ西海岸でレンタカーを借りて2週間滞在。彼は毎年家族(奥さん、子供一人)を伴い海外に行っているようで去年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Air Chinaパイロットの給料

China Dairy 2014年8月8日にAir Chinaのパイロットの給料に関わる記事がありました。 4560人のパイロットの給料を年平均80,000元上げ、具体的には機長、査察操縦士の場合年収が18%増/約174000元増となり、会社全体では年3億6千万元の支出増となるというもの。値上げの背景には他の民間Airlineの給…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オートバイ3人乗りの常識

厦門は(写真は同安ですが、)オートバイの3人乗りが当たり前です。よくもまあオートバイの小さいシートに3人乗るなと思います、また3人乗せてうまく運転します。また子供も赤ちゃんも平気で乗せてその場合は4人乗りです。ちょっと大丈夫ですかと言いたくなります。 こちらはオートバイタクシーですが、日差しが強い時、雨が降っている時は写真のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一国両制統一中国 at 厦門東海岸

これぞ、”This is Xiamen."です。ここは台湾領である金門島に面した厦門東側の海岸です。巨大看板”一国両制統一中国”が台湾に向けて堂々と掲げられています。昔はここで大砲を打ち合っていたようですが今はその面影は全くありません。こちらに来て台湾と中国は船、飛行機の頻繁な行き来があり人の交流も活発であることを感じました。先日の台湾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のイスラム教徒

中国は意外とイスラム教徒の多い国です。西部は分かる気がしますが、ここ厦門でも写真のような中国風ベールを被ったイスラム教徒らしき人たちを見かけます。不思議なのはこのような人たちラーメン屋さんに多く見られます。またベールがずいぶんとカラフルなのが中国式だと思います。2枚目の写真は大胡子面館の焼餅を作る外に面した厨房ですが、ここの従業員さんは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人平均月給4655元

2013年の中国人平均月給は4655元でした。これを元に各種保険の会社と個人の支払い割合が決まり2014年7月1日から2015年6月30日までは以下の通りとなるとの通知が会社内でありました。 養老保険(会社 14%、個人 8%)、失業保険(会社 2%、個人 1%)、医療保険(会社 2%、個人 1%)、労災保険(会社 1%、個人 1%)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白酒一気大会 その後は天国かな

先日関連会社との飲み会がありました。我社と違い随分ピッチが速く、皆さんアルコール度数50%の白酒、紹興酒でどんどん一気をします。ところが1時間も経過すると1/3の人は真っ赤になり意識失い眠りこけていました。激しい飲み会でした。 中国系シンガポール人の友人V氏にシンガポール人も白酒で激しい飲み会やるのかと聞いたところ、シンガポール人がそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門美人 2014年海峡西岸自動車博覧会にて

中国には楊貴妃、喬公の二名花、鄒氏、貂蝉、様々な美人が存在しますので、小説などを読む時のより良い理解のために,2014年海峡西岸自動車博覧会にてモデルさん方の写真を撮ってみました。中国のモーターショーにおけるモデルさんについてはWeb上では様々な報道がされているのを見たことがありますが、ここ厦門では常識の範疇ではないでしょうか。季節がら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014 FIFA World Cup Brazil 中国でも盛り上がっています

中国でもWorld Cup Soccerは盛り上がっています。同僚、中国語の先生には試合テレビで見ているかとよく聞かれます。テレビでも全試合生放送、中国人の方もよく見ているようです。、地方紙厦門日報でも特派員を送り毎日4面は使い報道しています。厦門日報はなかなかユーモアも交えた報道がなされ一つの例が似た者同士でエジル選手はアバーターと似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more