テーマ:交通機関

厦門深セン新幹線開通

12月28日厦門深圳間の新幹線が開通しました。今まで11時間かかっていたところが3時間で驚きの価格150元で行けるようになりました。連日テレビでは試乗会などの報道がなされ盛り上がっています。この開通により沿岸部は上海から深圳、広州までが結ばれ、すでに広州と北京間も開通していますので主要都市は縦のラインでで結ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門駅改築中 完成予定2014年末

現在厦門駅は改築中です。厦門日報によれば厦門駅は1982年に現在の駅舎が完成しているので少々古めかしい状態です。一枚目の写真が2014年末に完成する新しい駅舎です。何と近代的な。これが完成すれば駅の周りもまた整理されるのでしょう。2枚目の写真はこれもまた建築中の厦門空港新ターミナルです。こちらもえらい勢いで建設中で2014年半ばの完成を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門駅操車場 鉄道ファンの方に

今日は厦門観光です。厦門駅から南下した所に廃線を利用した公園があると聞いていたので地図を頼りに行ってみたところまず厦門駅の操車場を見つけ、堂々たる中国の機関車を見ることが出来ました。操車場の横は歩道になっていて市民の良い散歩道です。このような車両はかなり寿命が長いようなので、全く中華人民共和国的なデザインの機関車だと思います。もしかした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西安空港バス

西安観光。西安空港から西安市内へのバスです。西安駅に向かうバス、鐘楼に向かうバスなどいくつかありますが上の写真に示すようにバスの行先は黄色い看板で明確に示されているのであまり迷うことは無いと思います。切符は中国では珍しいことに乗車前に到着ロビーで購入します。4枚目の写真の端から端までバス券購入窓口で、料金は26元です。乗り場はこの購入窓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安海バス駅とその周辺 真の中国か

安平橋の見学に行くため隣町の晋江の安海バス駅まで片道24元の都市間バスで行きました。このバス駅、安海の街自体かなり引きました。バス駅のトイレが今まで衝立が低いのは見ましたが、便器が直列に配置されているのは初めてみました。また下水も直列で、上流の方の便が流れてくるのが下流で見えるという仕掛けで直列配置の理由がよくわかります。この街は公共バ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

兵馬俑へのバス遊5、914路、915路

西安観光。兵馬俑へは西安駅前から遊5、914路または915路のバスで行くことが出来ます。一番上の写真は城壁の上から見て西安駅向かって右側のバス停付近を示していますが、緑と青のバスが兵馬俑行きのバスで、満席になり次第どんどん出ていきます。西安は観光客専用の路線バス、遊1~10があり2枚目、3枚目の写真に写っています。遊1,2などの目的地は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西安駅 人だらけ

西安駅です。何がすごいって人の多さがすごいです。テントはっている人、荷物の上に座りご飯を食べている人、大きい荷物を抱え携帯する人、、厦門から西安まで鉄道で40時間かかるそうですが、この雰囲気では切符を買うことさえ、電車にもたどり着けそうもありません。駅前にバスもどんどん来ます。この光景を見て、こちらは一般的にバスの時刻表というものがない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福建省貫通新幹線開通

福建省を貫通する向莆新幹線が開通しました。この路線は1枚目の写真で示すように福州から内陸に向かい南昌に至る新路線です。新聞では毎日報道され結構盛り上がっています。中国は10月1日から国慶節の連休に入るのでそれに合わせて利用する人が多いためと思われます。今まで厦門-南昌までは14時間ほどかかっていたのが,6時間ほどに短縮され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京 エアポートエクスプレスとその周辺

とある理由で北京空港の周りの状況を記します。エアポートエクスプレスに乗ると市内に向かい南西の方向に進みます。少々畑がありましたがそのうち大きな高速道路と大きな街路樹が植わる道路となりそのうち市内の高層ビルが見えてきました。空港の北側は機内から見たところ畑が広がっているところがありました。アーチ状の屋根の写真はTerminal 3の乗り場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京地下鉄 1号線 2号線

6時間の北京空港でのトランジットを利用して天安門広場を見てきました。エアポートエクスプレス往復50元、地下鉄往復4元で、計54元の料金ですので安いプチトリップです。北京地下鉄1号線の天安門東駅の様子です。この1号線は開業当時は役人しか乗れなかった地下鉄ですが今は当然誰でも乗ることが出来ます。1号線は電車の色、表示版すべて赤で統一されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海 リニアモーターカー

上海市内と浦東国際空港を結ぶリニアモーターカーに乗りました。先頭車両は赤いライトですが、車輪がないので車体がレールにへばりつき車体は蛙のような感じです。車体のデザインは割かしシンプルです。車内もシンプルなデザインで、当然中国臭さはありません。発進時ちょっとブルブルという振動がありましたがあとはスムース、空港手前のカーブでもちょっと振動が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福州駅 ここもまた立派な駅

福州駅です。ここは在来線と新幹線が同居する大きな駅でまたまた非常に立派です。通路もピカピカ、改札もピカピカです。レストランも多数ありケンタッキーもありました。ただしトイレに入ったら衝立が腰の位置ぐらいまでしかない中国式トイレでした。私は小でしたが隣のおじさんは大でした。大は扉の方を向いてするのだということがここで分かりました。やはり一見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国新幹線車窓から 厦門から福州へ

中国新幹線、厦門から福州までの車窓の風景です。海岸沿いを北上しますが、左側には山も多く見えます。石関連の工場、セメント工場なども見えます。意外とトンネルが多いです。ヨーロッパのTGVは平原を真っ直ぐ突っ走りますが、山陰新幹線ほどではないですが、東海道新幹線よりトンネルは多いような気がします。農村地帯もあり、水田もあります。また果樹園もあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

厦門駅 少々古い駅でした

厦門駅は2014年3月1日より工事のため一閉鎖中 福州に新幹線で行きました。中国にどっぷりつかっているI氏とご一緒させてもらうと、乗車券の購入などみんなやってくれるので、今回は自分を鍛えるためと中国語の実践訓練のために一人で行きました。朝5:50に厦門駅に到着まだ乗車券販売窓口は開いていません、6:00に窓口は開き、中国語をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高速都市間バス

高速都市間バスは中国の重要な交通機関です。値段が安くまた便も頻繁に出ており、ターミナルも市内に数か所あります。土曜日泉州に行く際に初めてこの高速バスに乗りました。出発地点は厦門駅の前の悟村バスターミナルです。ここから泉州へは20分おきに大型バスが出ています。切符は自動販売機もありますがほとんどの人が有人窓口で購入します。乗る際は手荷物の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国新幹線

中国の新幹線に初めて乗りました。泉州から厦門50分、100Kmの距離です。きれいで、速いし、時間も遅れがなく素晴らしい乗り物でした。一等で35元です。安いです。ホームには到着が16:33で出発が16:34と電光掲示板で表示され電車運行がよく管理されているようです。日本の新幹線も到着時刻と出発時刻を別々に管理していると記憶していますが、ヨ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

泉州 新幹線駅 その巨大さ

中国人になりかけているI氏と今日は泉州に行きました。行きは高速バスでしたが、I氏の粋なサプライズで帰りは新幹線で帰ろうという提案があり、私は新幹線初めてですし、同行していた出張者も喜んで泉州市内から新幹線の泉州駅に向かいました。驚いたのは泉州新幹線駅の巨大さです。見上げる高さで、白亜の殿堂です。少々市内から離れた場所にあるので、割合すっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

The bus route

以下のWebは厦門の路線バスのルートをよく説明しています。停留所毎に何番のバスが運行されているかも表示されます。http://bus.cncn.com/xiamen/gongjiao-xianlu-1 次のWebの地図で停留所の名前を検索すれば停留所の場所が分かります。地図を拡大すれば停留所のマークも出てきます。この2つのWebで路線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同安汽车站 (同安バスターミナル)

同安バスターミナルです。十字路の一角の”同安汽车站”と書かれた大きなビルの裏側にあり、その十字路には同安汽车站(西)と同安汽车站(南)の停留所があります。市内バスの他驚くなかれ北京行、上海行きその他地方都市にもバスが出ています。当然厦門中心部からも北京行のバスはありますがここからも出ているとは思…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BRT バスラピッドトランスポーテーション

厦門市内には専用の高架道路をバスが走るBRTというものがあります。渋滞がひどいのでそれを避けるためと、鉄道より建設費が安いと思われます。詳しくは次のWebで  http://www.chinabrt.org/en/cities/xiamen.aspx  バスは普通のバスと連結型のバスが使用され内部は市内路線バスと同じです。路面がいいので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バス最高の理由

バスの詳細です。1枚目はバス停にある行き先表示版です。番号別に行き先が書いています。漢字が読めれば非常に明確です。私のお気に入りは島の西側の繁華街に行く8番です。時刻表はありませんが10分も待てば来ます。だいたいロンドンのバスも時刻表は無かったのでないのが世界標準かもしれません。車内には昔の日本のバスのような料金収集箱です。一人1元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門駅

厦門駅は2014年3月1日より工事のため一閉鎖中 厦門駅に行ってきました。先週の日曜日に今後鉄道に乗り旅行をしたいのでまずは偵察です。ホテルから30分ほどで行けます。歩いて。ここも人が多いです。皆さん大きな荷物を持っています。切符は自動販売機で見る限りタッチパネルで行き先、等級等を指定すれば現金を入れて帰るようです。時刻表、運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バス最高

厦門は島です。島の南にある胡里砲台に行きました。バスで行きましたが1回1元、バス停には大きな路線図があり、バス自身にも路線を示す番号と行き先が大きく表示されなかなか使いやすいです。一つ驚いたのは年配の方が乗ってくると、反射的に皆さん席を譲っていました。これは偉い。したがってシルバーシートのようなものはないようです。イギリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more