駅前の警察装甲車

中国は各交通機関で保安検査が厳しく行われています。北京、上海の地下鉄に乗るときでさえ手荷物のX-ray検査があります。また新幹線駅には写真のような警察装甲車両が警備に当たっています。一枚目の写真の車両はまるでアメリカ軍の装甲車です。アメリカではSWATと言う部隊があるようですが中国にも武装警察という組織があり我ホテルの近くに駐屯所があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新茶の季節

新茶の季節のようです。ちょっと意外なようですが福建は年4回お茶を摘みとるそうでこの秋が一番良いお茶が採れるということです。ここは厦門中山路の北の端あたりの閩台特色食品街です。中山路を歩いていると最後の写真の立派な門がある通りです。1年ぐらい前に来たときは真ん中に露天の食べ物屋が雑然と並び随分汚らしいところでしたが、現在は露…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

厦門の2階建てバス

厦門には2階建てバスも運行されています。料金は他のバスと同じ1元で10路、26路、30路で運行されています。先日香港で2階建てバスに乗り内部がピカピカなのに驚きましたが厦門の2階建てバスもまあまあですが、弁当の空箱が床に捨ててありやはりと思う次第です。 2階建てバスなので2階建てバスの景色を楽しめます。ただしそれほど風光明媚な路線でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門解放65周年 恭賀

今週は厦門日報の紙面でこんな広告が目立ちました。新中国成立65周年、厦門解放65周年、厦門日報創刊65周年。そういうことなんですね。まるで日本の正月の紙面のようです。去年は無かったと思いますので、やはり65周年の節目を祝うということだと思います。 厦門日報 http://www.xmnn.cn/dzbk/xmrb/2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佳祥園大排当 イージーな海鮮

厦門にはこんなイージーな海鮮料理屋さんが多くあります。少々お店の外見はよくありませんがそれを気にしなければシンプルな海鮮中華を楽しめます。写真は上からイカ蒸、全くシンプルイカの旨さが際立つ醤油の味付け、マテ貝の炒め、太刀魚のアンカケ揚げ、モズクの炒め、ビーフン炒め、なかなか腰のあるビーフンと味付けがよいです。(エビの酒蒸しを以前食べまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

故宮博物館 北京 uuu

北京観光。故宮博物館です。ちょっと時間が経ちましたので何に感動したかを忘れがちですが印象に残ったものをアップします。形が面白い一番気に入った作品。青銅の作品がよかったという印象です。最後の写真は馬車の車軸。車軸にも細かい模様が、こんなところは泥ですぐ汚れると思うのですが。1100年ぐらいの作品。1860年ぐらいの作品。1500年ぐらいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

056型コルベット5番艦 上饒(Shangrao) 厦門にて

軍艦続きで厦門のコロンス島へ渡るフェリー乗り場の近くには海軍基地もあります。以前は見かけも古そうな艦が配備されていましたが、最近056型コルベット 5番艦上饒(Shangrao)という2012年に建造された艦が配備されました。艦の構造物はステルス性を考慮して斜めに形作られている最新デザインです。こういう物は写真を撮ってはいけないのではと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Stanley (赤柱)オープンレストランがよい

香港観光。ここはRepulseからさらに15分バスに乗ったStanleyです。海岸沿いにヨーロッパ風なレストランが並び全く中国の匂いはしません。この光景を見たときは厦門からやって来た日本人として少々驚きました。お客さんも欧米系の人が多いです。値段も日本並みでこの大エビグリルで2500円ぐらいだっと思います。隣のアメリカ人はリブステーキを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリリとした女性駅員

中国は多くの女性が社会で活躍しています。厦門北から深セン北への新幹線では10駅ほどの停車駅がありますがどの駅でも駅員さんがホームにいて大方半分は女性です。なかなか制服をキリリと着こなしある意味共産圏、ある意味出来る女性と言った感じでぶくっと太った男性駅員よりよほど仕事をこなしそうです。 下の写真は社内の車掌さんです。国慶節期間はやはり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国新幹線 厦門北ー深セン北のお弁当

中国新幹線にはお弁当があります。写真のようなパッケージで日本の駅弁には比べるべくもありませんが、35元で餃子、エビチリ、野菜炒め、お新香、ご飯です。一応食堂車もありそこで食べるもよし、売り子さんが各車両に売りに来てくれるので自分の席で食べるも良しです。35元、街でマクドナルドでハンバーガーセットがその位なので妥当な価格設定ですが食べる人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

REPULSE

香港観光。Repulse、レパルス、なんと聞き心地の良い言葉だと思う。英語の意味としては重い意味があるが軍艦続きで第2次世界大戦時のイギリス海軍の戦艦名としても使用され、その艦はマレー海戦で日本軍の攻撃により沈められている。 ここは香港島南のRepulse Beach。Webを調べるとその戦艦Repulseが停泊した故との説明もあるが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

キエフ級航空巡洋艦2番艦 ミンスク

深セン観光。深センにはソ連で1975年に建造された航空巡洋艦ミンスクがあります。空母ミンスクで検索すると多数のWebがヒットしますので詳細は省略しますが、ここで印象に残るのは背景の緑深い入り江です。深センという街は30年前はただの漁港で経済特区となってから急速に発展した街でこのミンスクのある街の東まで来ると、街側は栄えていますが入り江の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バス厦門北駅へ 950路、953路

厦門島内から厦門北駅へはバス便も多数あります。我ホテルからはSM近くの吕厝北 バス停から950路バス、または953路バスがお勧めです。国慶節初日に9時12発の新幹線に乗るため7時05分ごろに呂暦北 バス停からバスに乗り8時には厦門北駅に着きました。乗った時は空いていましたがやはり途中からは随分混みました。95…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国新幹線 厦門北-深セン北 国慶節初日の状況

国慶節、春慶節は中国の鉄道は大混雑するという報道をよく目にしていたので中国生活も慣れてきたので、2014年国慶節初日 10月1日の厦門北ー深セン北間 中国新幹線 D2327便 09:12発に乗ってみました。結論は恐れるに足るものではないということ。上の写真は2等車の状況ですが立ち席の人はいますが通路をふさぐような状況はありません。以前春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港民主化デモ 厦門在住日本人の目

香港観光。香港に気分転換に行ってきました。連日の民主化デモの報道がされ、大丈夫かなと思い会社の香港人に聞いたところ香港人はジェントルだから問題ないと言われ行ってきました。バスは運行経路を変更していましたが地下鉄は通常通り、国境も通常通りでした。バスがえらいのはしっかり”経路変更”とのサインが前面に掲げていました。上の写真は2014年10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厦門 昼寝

厦門は南国である。したがって昼寝は生活習慣の一つである。市場、売店の店先で女性、男性を問わず簡単なリクライニングチェアーに身を横たえ気ままに昼寝を楽しむ光景をよく目にすることが出来る。あまり人前で寝顔を晒すということにも抵抗を感じないように思われる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同安にて 共産党万歳

同安は厦門市内の区の一つで本土側に属し市内最南部にある。厦門中心部から車で1時間ほどの距離にあるところで街の状況は厦門より発展が遅れている。街中心部は雑然とし古い建物が目立つ。その中で上のような写真の建物が認められた。”共産党万歳”、”毛沢東思想万歳”と建物に掲げられている。前者の方は古い建物で古いものがそのまま残っているという状況であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オートバイ6人乗り・同安

ここは同安です。これはバイクタクシーですが、実は子供3人(運転手のおじさんの前後に2人と後ろから2番目)、大人3人、計6人乗っています。6人乗りは初めてみました。乗せる方も乗せるほうですが、乗る方も乗る方です。最後尾のお母さんにっこり笑って走り去りました。同安ちょっと厦門と違います。 地図
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中山路の古典建築

厦門中山路近辺の古典建築です。一枚目の写真の建物は実は映画館です。中はわりかし最新式のようです。2枚目の写真は家庭裁判所か何かだと思います。厦門、中国の面白いのはこのような古い建物を当たり前のように普通に使用していることです。上海でも旧ユダヤ街が今は普通の住居に成り果てていました。うまく利用すればよい観光資源になると思います。この近辺も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

This is XIAMEN

私のカメラだとこれが限界ですが、厦門の島内の左(西)側の海水をひきいれた湖、篔簹湖の夜景です。このライトアップを見ると中国人はいつからライトアップに凝り始めたのかと、昔は電力不足でこんなことは出来なかったと思います。カメラ教室の生徒さんも三脚を並べてこの夕日、夜景を撮影していました。中国の方々豊かになり趣味に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more