マカオ航空 NX132便

マカオからの帰りはマカオ航空のNX132便に搭乗しました。これが当たり前のように2時間のDelayで、マカオ航空にとって当然マカオはハブなのでどうしたものかと思いますが、フリートサイズが小さいので融通が利かないということかと思います。これと言った特徴は機内にも乗務員にもありませんでしたが、中国本土の航空会社であれば夕刻であればご飯付の本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マカオ‐珠海国境 拱北Check Point

マカオ観光。マカオは現在は中国ですが未だ中国側とは国境があり越境にはパスポートが必要です。この拱北Check Pointは一番メジャーな国境で、朝8時にはデズニーランドに向かう人の波のような,多くの人が黙々とCheck Pointに向かうのを見ることが出来ます。少々いつもの中国とは違うのがアフリカ系黒人を見かけることでマカオ内でも同様で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珠海金湾空港

珠海金湾空港。珠海が位置する珠江デルタにはこの珠海金湾空港、マカオ空港、広州空港、深セン空港、香港空港の5つの空港が100Km四方の地域に位置している。深セン空港、広州空港、香港空港は言わずと知れた大国際空港で3800m級の滑走路2本を擁しているが、珠海空港は珠海の市中心部から車で1時間ほどの滑走路1本を擁する中規模空港である。Traf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Air Show China 2014総括?

Air Show China 2014。このShowは西側で開かれるAir Showのように各メーカーがシャレ‐を用意し商談を大々的に繰り広げるものと少々違いAVIC 中国航空工业集团公司の独壇場と言ったShowでした。展示される航空機では小型機は西側の機種が多かったですが中型機は皆無、大型機はA380のみで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Russian Knights SU-27

Air Show China 2014にて。Russian Knights SU-27です。これもあまり受けそうにありませんが、SU-27の飛行を見れるのもこの珠海が日本からは一番近いかもしれません。よく見ると機体表面は薄汚れており西側のアクロバットチームの機体とは趣が違いますがこれがロシアなのでしょう。着陸時にDrug Shootを使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Flight Status Air Show China 2014

Air Show China 2014でのデモ飛行です。この航空ネタはいまいち受けが悪いのですが続けていきます。お分かりの人はお分かりだと思いますが、1,2枚目は中国八一飛行表演隊、2,3枚目はロシアのRussian Knightsです。 ここ珠海はこの季節はほとんどの日が曇り日ということで当日もご覧のように曇りで写真撮影には厳しい条…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国空軍 女性パイロット

これも中国での女性の社会進出を示す1コマです。Air Show China 2014にて,中国空軍八一飛行表演隊には4名の女性パイロットがいます。上の写真は10番機および12番機に乗務する余さんと、陶さんです。 こちらはRussian Knightsの前で記念撮影する盛さんです。この八一飛行表演隊は超音速戦闘機を使うアクロバットチーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国武警とC-17パイロット

USAF C-17、 Air Show China 2014にて。Air Show China 2014にて唯一の西側軍用機としてアメリカ空軍のC-17が展示されていました。中国武装警察兵士とアメリカ空軍女性パイロットの記念撮影風景です。中国側は少々緊張、アメリカ側はアメリカ人らしくリラックス。 確かに中国にいて中国人と付き合っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SU-35 ロシア軍用機を見るには珠海がよし

SU-35, Air Show China 2014にて。Canopy、Engine InletにCoverが掛かっていてあまりいい写真ではありませんが妙に機首が下がっている形状がまさに怪鳥です。どこかのブログにありましたがてっとり早くロシア機を見るにはこのAir Show Chinaはいいのかもしれません。この珠海、信頼の翼JALで香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Y-9 輸送機 中国は旧ソ連機のコピーさらに改修

Y-9 Air Show China 2014にて。中国は航空機に関しては旧ソ連の機体をまずそのまま生産しその後独自の改修を施し全く別の機体を作り上げてしまうということを得意としています。Mig-21という有名な戦闘機がありますがそれを双発のJ-8Eというあまり使えそうにない機体に改修し、さらにJ-8IIという全く違う機体を作り上げてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARJ21-700 Air Show China 2014にて

ARJ21-700 Air Show China 2014にて。上海飛機製造有限公司のARJ21-700です。この会社は元々は上海航空工業公司と呼ばれ1979年からDC-9のLanding Gear Bayの受託製造を始め、その後35機のMD-82、さらに2機のMD-90を完成させています。よってMD-82,90の製造治具をそのまま維持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JH-7A、H-6, JF-17 Air Show China 2014にて

Air Show China 2014での中国製軍用機。まずはJH-7A Flying Leopard 戦闘爆撃機。長らく旧ソ連機のコピーを行ってきた中国が突如こんな機体の製造に成功したのはどのような背景があったのかと思います。EngineはWS-9というRolls Royce Mk202を中国で1980年からライセンス生産したものを使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 J-10 戦闘機 細部

Air Show China 2014 中国空軍 J-10の細部です。各部の注意書きが全て中国語と言うのは驚きです。この2つの写真は目いっぱい詳細が見れます。一人乗りと二人乗りがあります。機首下の空気取り入れ口は大迎え角の際もスムースに空気を取り込むことが出来るそうです。空気取り入れ口の上の角にも小さな空気取り入れ口がありそこにL字のカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J-10 八一飛行表演隊 整備士とPilotの様子

Air Show China 2014でのJ-10 中国空軍八一アクロバットチームの機体Spot In時の整備士とPilotの地上での様子です。 11番機Spot Inです。普通に整備士は駆け寄ります。この辺はThunder Birds Teamとは違い整備士の動きまでには気が配られていません。 Canopyがオープンされ、Rudd…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J-10 中国空軍 八一飛行表演隊

珠海観光。Air Show China 2014に行きました。しばらくAir Showネタが続くと思いますがまずは中国空軍八一アクロバットチームのJ-10戦闘機です。さすがイスラエルの設計した機体をベースにしていと言われているのでなかなかモダンな戦闘機です。地上から見ると機首がツンと上を向いているようで決まっています。横も前も意外と美し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Grand Prix Macau スタンド以外の撮影スポット

マカオ観光。2014年11月13日から16日はマカオグランプリでした。スタンド外の撮影スポットを以下に紹介します。 14日の練習日に有名なLisboaのスタンドで見物しようとしたところ午後2時ではすでにチケット売り切れ。香港人の友人S氏がコース付近の警備に当たっている警察官と話し、仁伯爵総合病院を勧められそれが撮影スポット1で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Macao ザビエルさんの骨 GOD BLESS YOU

マカオ観光。マカオに関しても多数のブログがありますがやはりここは外せません。St. Joseph’s Church内にあるフランシスコ ザビエルさんの腕の骨です。一枚目の写真は正面のイエズス会のシンボル”IHS"です。ザビエルさんの骨は教会内部右側のガラス張りケース納められています。この教会は若干外れたところにあるので訪れる人も少なくじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マカオは中国ではない

マカオ観光。マカオのおおよそ中国らしくない風景。まずはCathedral付近の夜景。街灯、建物の壁、道の狭さがヨーロッパの雰囲気で特に夜は背景の薄汚い中国らしい建物が見えなくなりなおさら中国臭さが無くなります。オートバイが走り回るのもヨーロッパぽい。St. Joseph's Churchです。フランシスコザビエルさんの遺骨があります。J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more