H7N9の季節

画像
画像
H7N9の季節である。厦門日報2015年1月8日によれば福建省内で12月6例の感染例が確認されている。12月は乙類伝染病(肝炎、梅毒、肺結核、淋病(エイズ)、発病例は11363例で19名の死亡が報告されている。そして厦門日報 2015年1月14日によれば5厦門市民がH7N9に感染し12歳の少年が死亡、3名が入院中、1名が回復し退院した。予防措置として活禽には接触しないこと、適切な管理下で処理された食肉を購入すること、食肉は加熱すること、身体の鍛錬に勤め健康に生活すること、体力のない人は人が多く集まるところに行くのは控えること等。
実際厦門では活禽、生肉、鳥の羽に接触する機会も多いので、H7N9の広がりは他人事ではない。

"H7N9の季節" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント