厦門に於ける輸入果物

画像
画像
厦門の中国人は果物好きである。会社で3時のおやつに水場でリンゴを食べている女子も多く、ブドウ、スターフルーツ等ををみんなに配ってくれる人もいます。お店には南国特有のカラフルな果物が数多く並び、バナナも厦門近郊で栽培されているのでてっきり果物は全て国内産と思ったところ、アメリカンチェリー、アメリカンプラム等の輸入果物も販売されています。贅沢、豊かになってきている証拠だと思いますがアメリカンチェリーは10粒ほどで25元とやはりお高い。この果物好きの傾向は南国厦門の特徴かと思ったところ北京に居留するM氏と話したところ北京人も果物好きと言うこと。確かに北京でも北国北京に似つかわしくない南国果物が店頭に並んでいました
画像
この桃は北京空港で見たものですが1個40元で800円日本並みの値段です。日本からの輸入と思いきや北京産です。このように果物好きな中国人は果物には意外とお金をかけているようです
画像
以前あまりきれいな果物屋さんが無いと綴りましたが、この果物屋さんは割合いい線言っていると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック