JH-7A、H-6, JF-17 Air Show China 2014にて

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
Air Show China 2014での中国製軍用機。まずはJH-7A Flying Leopard 戦闘爆撃機。長らく旧ソ連機のコピーを行ってきた中国が突如こんな機体の製造に成功したのはどのような背景があったのかと思います。EngineはWS-9というRolls Royce Mk202を中国で1980年からライセンス生産したものを使用しています。このことこから機体も西側の協力があったのかと思います。
画像
画像
画像
画像
画像
H-6(中国語表記では 轟-6 となります)爆撃機。旧ソ連Tu-16を中国ライセンス生産した爆撃機。ロシアでは既に全機退役しているようですが中国では航空ショーに出る程の現役の機体です。EngineはWP-8。翼を正面から見ると非常に前縁半径が大きく分厚い翼だということが分かります。
画像
画像
画像
画像
FC-1/JF-17戦闘機。中国とパキスタンが共同開発した戦闘機。なかなかこじんまりした戦闘機。この機体のEngine Inletにはdiverterless supersonic inletという技術が使われています。なんとF-35と同じ技術です。
以上のように少々古めの機体が陳列されこれが中国航空業界の一側面かと思います。

参考Web
http://www.military-today.com/aircraft/jf17_thunder.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック