厦門の65年

画像
厦門日報にこの65年の主な出来事を写真付きで解説する特集が組まれていました。こんな事がこんな時に起こって、こんな所はこんな時に出来たのかとなかなか面白い特集です。写真は厦門日報創刊号です。
1949年、国民党が支配していた厦門を共産党が解放、その5日後に厦門日報創刊。
1956年、人民解放軍鉄道隊が厦門市内まで鉄道を敷設。写真に写る高射砲がまだ物々しいです。またこの当時の厦門島と本土を結ぶ橋は海の上を埋め立てた堤防型でした。
1959年、華僑博物館開館。意外と早くに開館しているのですね。
1962年、コロンス島郑成功記念館、日光岩建設。日光岩の頂上は以前は軍の監視所だったようですのでそれが観光用展望台になったということだと思います。
1982年、東渡埠頭完成。ここは現在は重要な石材の積出港です。
1985年、ニクソン全アメリカ大統領厦門訪問。集美大学も訪問したようです。
1993年、厦門島内人力三輪車淘汰。確かに他の街に行くと今だ人力三輪車が走っているのを見かけます。
1999年、島西側と本土を結ぶつり橋、海沧大橋が完成。
2000年、カーショーなどを行う会展中心が完成。
2003年、厦門マラソン初開催。
2007年、図書館のある文化技術中心が完成。この建物はLarry J. Kellerという米国人が設計しています。
2008年、BRT完成。
目につく施設はここ最近に出来たことが分かります。

以下の2014年10月22日の紙面のT01ページから始まります。
http://www.xmnn.cn/dzbk/xmrb/20141022/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック