一国両制統一中国 at 厦門東海岸

画像
これぞ、”This is Xiamen."です。ここは台湾領である金門島に面した厦門東側の海岸です。巨大看板”一国両制統一中国”が台湾に向けて堂々と掲げられています。昔はここで大砲を打ち合っていたようですが今はその面影は全くありません。こちらに来て台湾と中国は船、飛行機の頻繁な行き来があり人の交流も活発であることを感じました。先日の台湾の復興航空機の事故も”両岸同感悲痛”と同胞を思いやる気持ちを示した表現で厦門日報で報じられています。諸葛孔明が天下三分の計を説きましたが、この一国両制というのもその概念に近いのではと思います。また実際に香港で運用されています。これから中国というのは、事を急がず体裁にこだわらず現実的視点を持った国家ではなかろうかと感じます。
画像
画像
画像
画像
画像
この5枚の写真が厦門から見た台湾領です。
画像
これは右側は中国本土です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック