福田口岸Checkpoint 人は何をもって幸せとするか

画像
画像
画像
福田口岸Checkpoint、中国深セン側の香港への出国口です。2枚目、3枚目の写真の四角いビルの中に中国側地下鉄龍華線の福田口岸駅と中国出入国管理ゲートがあります。Checkpointというと東西ベルリンでのCheckpoint Charlieという名称を思い出しますが、ここはその通り国境です。
画像
これは中国側国境線、有刺鉄線が見えます。
画像
こちらは香港側の国境線です。中国、香港は1つの国のはずですが二制度ということでまだこの状況です。少々びっくりです。
画像
画像
画像
国境はこの3枚の写真に写る白い橋脚、歩行通路が2階建てになっている橋を歩いて渡ります。橋自体は100m位の長さです。
画像
画像
この福田口岸Checkpointの中国側付近は香港の富に吸い寄せられるように大きなビルも多い大都会です。深センは中国初の経済特区で厦門の大先輩に当たります。
画像
一方香港側は川一つ隔て豊かな緑が広がっています。強い太陽の陽光に照らされた緑は美しいです。この都会と緑の対比が不思議です。制度は違えどこれが同じ国なのです。
画像
画像
これは中国側 福田口岸地下鉄駅構内と中国側出入国管理ゲートへの通路です。
画像
画像
画像
こちらは香港側 落馬洲 地下鉄駅構内になります。香港の漢字は日本には分かりやすい通常漢字です。龍華線という中国側の地下鉄の表示が見えますが、福田口岸側では”龙华”と表記しています。龙华はちょっと分かりませんね。香港側の地下鉄はこれも日本人の方のブログブログ2が多数あります。香港中心部まで地下鉄で40香港ドル深セン側と比べ10倍の値段にびっくりしてしましました。

深セン北駅から香港へ地下鉄を乗り継ぎ中国から香港に行きましたが、確かに香港はモダンで、豊かで、街は香水の匂いがし、女性の髪がよく手入れされているように見えます。中国側深センは厦門に比べればおしゃれですがやはり香港に比べると田舎ポイ、素朴、なのかな、ちょっと違います。どちらかと言うと深センは厦門に近いにおいがします。ただ香港人の友人に聞くとこの違いは”History"なのだとどうもイギリス統治時代に良い思いを持っていないような表現をします。こんなに近い地域しかも実際は同じ国で、同じ民族でこのように違う状況を見ると、人間何が幸せなのかを考えさせられます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 陸路で我厦門から天国香港

    Excerpt: ということで陸路で我厦門から香港に行くには Weblog: 厦門 アモイ Xiamen ブラジル涙 無念  racked: 2014-07-19 16:13