武夷山空港

画像
画像
画像
画像
画像
武夷山空港。初めての地方空港らしい空港である。現在ボーディングブリッジは無く、Boeing737も自走で出発し滑走路エンドのターニングパッドで方向転換する空港である。周りは山に囲まれ南側からのアプローチでは武夷山の赤茶けた山々を左手に見ながら降下していくので座席は左側をお勧めする。武夷山の山々をほぼ同じ高さから眺め山の隙間を降りていくという感じでなかなか感動する。一枚目の写真は空港正面口の夜のライトアップ。小さな出口、入口が全て。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
荷物ターンテーブルは1つで直ぐに出口である。出発ロビーも何となく雑然とし,椅子のカバーも所々破れいかにも一昔前の地方空港という感じでまた壁も薄汚れている。出発ゲートは当然一つのみ一応ディスプレイがあるので出発便は確認出来る。トイレはさすが空港で建物は古くても衝立がある。空港シャトルバスは無く路線バスがある。ただ市内まで10分ほどなのでタクシーでも30元ほどであろう。小さいので迷う心配もなく必要十分な空港といえばその通りである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック