唐詩 咏鵝 本屋

画像
画像
画像
私のような者が中国語を語るのはおこがましいのですが、中国語はピンインというアルファベットで表示するふり仮名、発音記号があります。その勉強のためと一般教養のため簡単な唐詩の本を買いました。気に入ったのは絵が入っているので、漢字を読めばなんとなく描かれている風景が想像出来るところです。一番気に入ったのは”咏鵝”という詩で、最初 鵝 鵝 鵝 で始まります。この鵝はピンインでは”e”と表し”エ”を発音する口の形で”イ”を発音するという音で私にとっては最も困難な発音です。この詩を見てガチョウの詰まったような鳴き声をまねすればいいのだなと思いました。白毛浮緑水 という部分もなかなかきれいだと思います。2つ目の蝉はやはり”静けさや岩にしみいる蝉の声”を思い出しました。この本は全88ページで13元と非常に安いです。一般的に本も安いようです。
画像
厦門にはあまり本屋さんがなく困るのですが、やっと見つけたのは書の城です。新宿の紀伊国屋書店のようです。5階まで本売り場でかなりの量の本が売られています。種類も例えば観光ガイド一種類ということはなく、数種類の観光ガイドがありまた小学生、中学生の参考書もずいぶん種類があります。魚釣島の詳細地図も売っています

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック