日本が戦争中にしてきたこと

やはり中国人の方と話すと戦争中のことをちょっとだけ触れてきます。昨日南京ご出身の20代後半の女性と話した時も、南京は有名ですよねということを言われ、戦争中のことを言っているのかなと思いました。個人的には日本はもう少々戦争中の事実を教育すべきだと思います。中学、高校の歴史の授業ではもう近代は時間がなくほとんど授業中に勉強したことは私はありません。以前教科書問題がありましたが教科書に書いても書かなくて実際はやらなくてはしょうがないと思ったことがあります。これだけ元気な中国人がなぜ外国の侵略を受けてしまったかというのも不思議な気がします。恐らく人は多いが船頭が沢山いすぎたということだ思います。習近平氏が総書記になったようですが、自己主張の強い中国人をまとめるには強権を持った共産主義ではないとまとまらなのは実感します。日本みたいな政治体制では13億人はおそらく路頭に迷うのでしょう。会社では忙しくなって現場側は土日も出勤しています。その様な勤務変更も突然直近に通告されるようです。日本では組合がありなかなか調整に時間がかかりますが、こちらは一方的な通告のようです。これぞ共産主義で、13億人をまとめる術なのか。南京の問題は今度はもう少し踏み込んで話してみようかとももっています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック