会社の食堂 canteenと canting

画像

これは会社の食堂の食事です。正確には会社の横にある警備会社?官庁?の食堂です。おかずが1つ3元です。これで全部で5.5元です。右下は豚肉と高菜の炒め、中央は冬瓜の薄味の煮つけです。現場の人は山盛りにご飯を持ってもらっています。中国の人はとにかく良く食べます。またおかず、ご飯を残すことにあまり躊躇せず、かなり食べ残します。
英語で食堂のことをCanteenといいますが、中国語でレストラン、食堂のことを餐厅 cantingといい発音が似通っていることを発見しました。Canteenはこれもラテン語を語源にしていると思うので、中国語もラテン語の影響を受けたのか?と一瞬おもいました。
画像
画像

こちらは夕食、メニュー見てもわからなかったのですが、少し英語をしゃべる店員さんが薦めてくれたふかのスープ。確かにおいしかったです。これに結構ボリュームたっぷりの野菜チャーハンで85元。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック